医療系の大学に進学する前に覚えておきたいこと

卒業後の進路も考える

大学に進学する際は、卒業後の進路までしっかりと考えておくことがとても重要です。あまり考えずに進学してしまうと、卒業後の就職に失敗してしまうこともあります。就職に失敗しないためにも、事前に卒業後の進路について勉強しておきましょう。

医療系大学卒業後の進路

病院や診療所

医療系大学を卒業した後の就職先として人気なのが、病院や診療所です。知識や技術が十分に活かせる就職先と言えるでしょう。現場で働きたい人から人気の高い就職先とされています。

行政機関

保健所や厚生労働省などに就職する人も少なくありません。より医療についての知識が役立つ職場となります。医療に深く関わりたい人に選ばれている就職先です。

学校

健康教育や衛生管理のために、学校で働く人もいます。児童や生徒の健康に関わることができる就職先だと言えるでしょう。衛生管理者などの資格を持っている人に適しています。

教育や研究機関

医療に関する勉強をするために、大学や研究機関に就職する人も多いのです。教授として日々勉強に励みたい人にとっては魅力的な就職先でしょう。より深く学ぶことができると評判です。

医療系の大学に進学する前に覚えておきたいこと

男女

受験の費用

医療系大学に進学を考えている人は、まず受験費用をチェックするべきです。基本的に五千円~四万円程の費用が発生するでしょう。学校によっても、費用の額が変わってきます。また、受験する学校が増えれば増えるほど、受験料や検定料などの負担も大きくなるのです。

合格後の費用

大学に合格した後にも、費用を支払う必要があります。入学金などが有名でしょう。他には授業料や施設費、諸経費が発生します。公立大学の場合はニ百万円程となるでしょう。市立や国立など、大学の種類によって変わってきます。国立の場合は初年度で一千万円を超えることもあるでしょう。

働きながら通うのは難しい

定時制の専門学校であれば、働きながら勉強することも可能ですが、アルバイトや仕事をしながら医療系の大学に通うのは難しいことでしょう。基本的に医療系の大学では実習が多いので、仕事との両立は困難でしょう。経済的に苦しい場合は、入学前に仕事をしながら貯金をするのが現実的と言われています。

奨学金を使う

学費の負担を減らすために、奨学金を利用することもできます。学校独自の奨学金から、都道府県や市町村の奨学金まであるのです。奨学金は目的に合わせて選ぶと良いでしょう。学校卒業後に返済義務が発生することもあります。しっかりと考えてから奨学金を選ぶようにしましょう。

お金の用意

進学をするには、何かとお金がかかってしまいます。奨学金などを有効に活用することで負担も減らせるでしょう。受験対策も大切ですが、お金の用意も重要となるのです。進学を考えている人は、家族とお金についての話し合いも行っておきましょう。安心して進学できるようになります。