コツを覚える

小論文を書く場合、ちょっとしたコツを覚えておけば問題ないでしょう。小論文を書く上で失敗することもなくなるのです。大学入試に興味を持っている人がいれば、まずは小論文の書き方から調べてみましょう。今回はランキング形式で紹介していきます。

小論文の書き方ポイントランキング

no.1

問題文を理解する

小論文を書く上で一番大切なことが、問題文の理解です。当たり前のことですが、入試になると緊張して問題文を理解できずに小論文を書いてしまう人も多いと言われています。落ち着いて問題文の意味を理解することから始めましょう。

no.2

文章のバランスを考える

二番目に大切なことは、文章を全体で見た時のバランスを整えるように意識することです。段落ごとのバランスに注目してみましょう。文章のバランスが悪くなると、小論文としての完成度も低くなります。他人にチェックしてもらうと、バランスが崩れている場所を指摘してもらえるでしょう。

no.3

具体的な内容を書く

抽象的な内容の小論文では、評価が低くなってしまいます。具体性を意識して小論文を書くようにしましょう。できるだけ、第三者が分かりやすい表現を使いましょう。また、具体例を入れることで、より小論文のクオリティもアップします。

no.4

自分なりの視点を入れる

課題文がついている小論文を書く時に必要なことが、自分なりの視点です。課題文に対して、自分はどう思っているのかをしっかりと表現するようにしましょう。課題文に対して自分の意見がない小論文の場合、評価が下がってしまうので注意です。

no.5

普段から物事を考える

小論文を書くのに即効性のある勉強法はないと言われています。普段から物事を考察することが大切なのです。常日頃から考察していれば、自分の考え方を表現しやすくなります。小論文も上手く書けるようになるでしょう。

[PR]
人間環境大学のコースを確認
オープンキャンパス情報を見てみよう

入試の小論文対策をするなら添削サイトをチェック

レディ

入試に必要なこと

大学の入試には、小論文の提出が必要となるでしょう。事前にしっかりと準備しておかなければならないのです。基本的に医療系の大学や、人間環境大学への入試でも、小論文を書くことになります。その為、しっかりとした対策が必要です。基本的なことをチェックし、対策することが大学入試では大切になってくるのです。

専門のサイトを利用

入試に必要な小論文を添削するサイトが存在しています。第三者にチェックしてもらうことによって、より効果的なアドバイスを貰うことができるのです。入試対策に適していると言えるでしょう。そして、自分の弱点を把握するようにしましょう。専門の添削サイトを利用することによって、小論文の実力を伸ばせるのです。

様々な対策

大学入試の対策は、小論文だけではありません。他にも様々な対策が必要となってくるのです。一般的なセンター試験を受ける場合には、基本的な国語や数学、英語といった科目の勉強をしなければなりません。試験で出る科目をチェックしておくことで、より効果的な対策が取れるようになるでしょう。

入試の方法

大学受験の入試には3つの方法があります。一般的なセンター試験とAO入試、そして推薦入試です。自分に合った入試方法を選ぶことによって、合格率も高まるでしょう。入試方法によって対策も変わってくるので注意が必要です。早めに入試の方法を決めておくと、しっかりと準備をする時間が作れるでしょう。

[PR]
医療大学へ進学しよう♪
学校情報をリサーチ!

早めの準備が大切になる

基本的に受験の準備は早めに行うようにしましょう。あっという間に試験の日が来てしまいます。大学受験を考え始めている人は、すぐに対策に取り掛かりましょう。